受験生の最強の武器「試験に受かるユダヤ式記憶術」 レビュー

このサイトは、松平勝男さんの受験用記憶術「試験に受かるユダヤ式記憶術」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。記憶した知識を芋づる式に思い出せる記憶術です。

受験生の最強の武器「試験に受かるユダヤ式記憶術」 レビュー



詳細はこちらをクリック


試験勉強に「記憶術」を利用する価値はあるのか?


あなたは、次のように思っているかもしれませんね。


『記憶術を勉強に使えば効率的かもしれないけど、マスターするのが大変そうだし、お金もかかる。記憶術を習得する時間があったら、その分だけ試験勉強したほうが・・・。』


果たして、本当にそうでしょうか?


実は、記憶術と一口に言っても、いろいろなタイプのものがあります。その中には試験に使えるものもあれば、そうでないものもあります。


試験に役立たない記憶術は、当然、効果が得られませんが、なかには受験対策向きの記憶術もちゃんとあるのです。そのような記憶術を正しく選択すれば、本来、受験生の強力な武器になるはずなのです。


それでは、どんな記憶術が試験勉強で威力を発揮するのでしょうか?


最も強力な記憶術を紹介する前に、あまり試験対策に使えない記憶術について見ておきましょう。


よく、「30分で単語を○○○語記憶できる」と謳われている記憶術や、イメージによる連想を利用する記憶術、右脳を活性化するタイプの記憶術を目にします。


これらは、試験勉強には向いていません。


まず、難関試験は単純な事を大量に覚えただけでは受かりません。英単語を一瞬にして何千語覚えられたとしても、それだけではダメです。文脈の中で使えるようになっていたり、同じ意味の熟語との関連が理解できていたり、そういったより高度なレベルで記憶が定着していないとならないのです。


記憶術には3つの要素があります。


■ 「頭に入れる(インプット)」
■ 「頭の中で保持する」
■ 「頭から取り出す(アウトプット)」


「30分で単語を○○○語記憶できる」というタイプの記憶術は、このなかのインプットに偏りすぎています。長期記憶に残り難く、記憶した知識の間に関連性がないので、思い出すことができなかったりします。


次に、イメージによる連想を利用する記憶術というのは、例えば、家から駅までに目にするものを目印として決めておきます。「玄関→公園→郵便局→階段→小学校→・・・→駅」のように。


そして、記憶したい事項をこれらの目印に結び付けて覚えるのです。思い出すときは、これらの目印から連想して思い出します。


この記憶術の問題点は、目印のセットを用意するのが大変で挫折しやすいことと、右脳を使うということです。


人間は大人になると左脳が優勢になります。右脳をフル活用した記憶法は苦手なのです。だからこそ、右脳を活性化する記憶術を用いるべきだという考えもありますが、左脳を使った記憶術の方が一般の人にとって楽なのは間違いありません。


これらの記憶術には、


■ 長期記憶になりにくい
■ 記憶した知識間に関連性がない
■ 右脳を使うので難しい


などの共通した欠点があります。


これを踏まえて、試験勉強に使える記憶術がどんなものかを考えてみると、


■ 長期記憶に残りやすい
■ 記憶した知識間に関連性を持てる
■ 主に左脳を使う
■ 記憶のための目印(インデックス)を自分で用意しなくてもよい


などの特徴をもったものとなります。


これらの特徴を全て併せ持った記憶術に、松平勝男氏が勧めるユダヤ式記憶術というものがあります。


松平勝男氏 「試験に受かるユダヤ式記憶術」


ユダヤ式記憶術は理屈を理解しながら覚えていく仕組みになっています。そのため、記憶した知識間の関連性もしっかり記憶できるのです。


そして、理屈を伴って覚えるため、長期記憶に残りやすいという特長があります。これは脳科学によっても裏付けられている事実です。


「試験に受かるユダヤ式記憶術」の場合、記憶のための目印に相当するものは予め用意されています。しかも、一種類の図式に従うだけでOKなので、すごく簡単なのです。習得するのに時間と労力がかかるようなものではありません。


さらに、記憶した事を思い出すための「キッカケ」も予め用意されています。ですから、一つの記憶を手繰って、関連のある事項を芋づる式に思い出すことができます。


このように、ユダヤ式記憶術は「頭に入れる」→「頭の中で保持する」→「頭から取り出す」の全てをサポートする仕掛けを用意してある記憶術なのです。


試験勉強に忙しいあなたが行うことは、その仕掛けに勉強内容を当てはめていくだけです。記憶するための仕掛けを作り出すようなスキルや手間は何も必要ありません。


結論として、冒頭の問いに対する答えは次のようになります。


『試験勉強には大いに記憶術を活用するべきです。ただし、記憶術なら何でも良いのではなく、受験対策向きの記憶術を正しく選ばないとなりません。そして、現在のところ最強と思われる記憶術は、松平勝男氏の「試験に受かるユダヤ式記憶術」です。』



詳細はこちらをクリック





このサイトは、松平勝男さんの受験用記憶術「試験に受かるユダヤ式記憶術」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。




「小学校受験の秘密兵器」 福澤晃典 レビュー


行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー


MOS パソコンスキルアップ30時間プログラム レビュー


試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 レビュー 内容 効果